ちばYOSAKOI2019|閉幕しました

      2020/01/15

ちばYOSAKOI2019は無事に閉幕いたしました。

10/5(土)前夜祭
千葉中央公園で開催されるのは4年ぶりでした。
この地での開催を覚えている参加者、
お客さんからたくさんの嬉しいお言葉をかけていただきました。

当日は愛知県名古屋市より、2018年度
にっぽんど真ん中祭り大賞チームである「kagura」も演舞。
千葉の街に踊りの華を咲かせていました。

そして、余興大会の賞品がなんと自動車。
こちらの自動車はきちんと受賞チームのみなさんに
お渡ししました。本当におめでとうございます。

千葉中央公園がメイン会場だった時代とは、
お祭りに携わる人や会場周辺の様子も様変わりしている今年。
しかし、新しい担い手で作り上げても、
なぜか懐かしい匂いがするのは不思議です。

10/6(日)本祭
「上総いちはら国府祭り」と共催で開催された
ちばYOSAKOI本祭。今年も上総更級公園の
イベントステージにたくさんのチームがやってきました。

昨年の中止を受けての開催にあたり、
参加者の想いを強く感じます。
このお祭りを観に来た多くのお客さんと共に、
全会場で暖かい時間を作り上げることができました。
市原市と共に歩みはじめて8年。少しずつ、
楽しみにしてくださる方も増えているのを感じます。

そんなお祭りには、前夜祭で演舞を披露した
kaguraだけでなく、たくさんのゲストがいらっしゃいます。
高知よさこい祭り受賞チームである「天空しなと屋しん」。
2019年度札幌名古屋ダブル受賞の「倭奏」。
日本海は石川県より「KITA舞人」。
ちばYOSAKOIを大いに盛り上げていただきました。
本当にありがとうございます。

なんといっても目玉はファイナルコンテストです。
今年の審査対象は36チーム。4ブロックに分けられた
一次審査を勝ち抜くのは各ブロック上位2チームの
全8チームです。県外からも80人規模で参戦する
熾烈な一次審査を勝ち上がったのは以下のチームでした!

<ファイナルコンテスト結果>
【大賞】 REDA舞神楽

【準大賞】 夏舞徒
【準大賞】 SA:GA-彩雅-
【最優秀賞】 朝霞なるこ遊和会
【優秀賞】 朝霞高校 若欅
【優秀賞】 黒潮美遊
【優秀賞】 武州武蔵
【優秀賞】 常陸國大子連

個人が大切にされ、運動会ではゴールテープを
揃って切るような昨今ですが、心の奥では人と比べ、
評価されることを望んでいるのかもしれません。

いいものをいいと評価する、そのポリシーは
今も昔も変わりません。そしてこれからも
残していきたいと思います。

当日は少し雨も降りましたが、
来ていただいたお客さんにも、
参加者にも喜んでもらえた。
そんなお祭りになっていれば嬉しいです。
このお祭りの運営は、学生実行委員会をはじめ
多くの人たちに支えられていました。
関わったすべての人に感謝します。
本当にありがとうございました。
また来年も、どうぞよろしくお願いします。

 - お知らせ